学館ニュース

☆『金融と経済を考える』高校生小論文コンクール入賞 ☆

  • 金融広報中央委員会の『金融と経済を考える』高校生小論文コンクールとは、「金融と経済について考える」をテーマに、高校生自身が考える経済政策提案、社会の制度のあり方、将来の夢の実現のための生活プランとおかねについての考え方、などに関する作品を掲載しています。本コンクールは、生徒が応募作品をまとめる過程で、お金との関わり、金融・経済に関するその時々の話題、働くことの意味などについて、自ら考え、お金や金融について学んでいくことの大切さに気付くことを期待する取り組みです。文字数は空白を含む2,000~4,000字で提出します。

 高校生小論文コンクールは今年で15回目となりました。今年度のテーマは、金融や経済に関することであれば「自由」(自由テーマ)です。本年は、全国の高等学校から2,908点の応募が寄せられ、審査の結果60点が入賞作品に選ばれました。その中に、本校から佳作に2年田中絢子さんと佳作に2年佐藤恵菜さんの2名が選ばれました。おめでとうございます。

Photo_2

このページの先頭へ戻る