学館ニュース

2学年 浴衣着付け体験

六月五日から二十三日まで、財団法人民族文化普及協会の着付け講師の先生方に、浴衣の着付けを指導していただきました。日頃着物を着る機会が少ない生徒からは「着物のたたみ方や名称、男女の違いといった着物の文化に触れることができた」など好評でした。

 

2-1鈴木智也21

とても楽しい経験をさせていただきました。日常生活でも着てみたいですが、一人で全部着付けるのはまだ難しいです。今後はしっかりと練習し、目を閉じたままでも着付けられるくらい上達したいです。そのためにも、自分で浴衣を購入し、練習をしたいと思います。東京オリンピックでは、近隣である成田にも外国人観光者が数多く訪れることが予想されるので、その際はぜひ着付けでおもてなししたいと思います。

 

2-4堤 彩野24

着物をちゃんと着たのは初めてでした。背中のしわの伸ばし方や、襟首にこぶしひとつゆとりを持たせると美しく見えること、帯はきつく締め、折り目の山を二つ作ることが正式であるなど、初めて知ることばかりでした。

 難しかったけれど、楽しく、とても良い経験ができました。今後着物を着る機会があれば、美しく着こなせるよう頑張りたいです。

このページの先頭へ戻る